ローンを組んだ先が銀行か、信販会社か、消費者金融かで変わる事を覚えておきましょう。銀行の場合であれば所有権はローンを組んだ本人となりますのでそのまま手続きを行えますが、もちろんローンは全額支払う事になります。信販会社、または消費者金融でローンを組んでいた場合だと所有権はローン会社もしくはディーラーのものとなってます。その為、廃車手続きを行うにはローン会社等の承諾が必須となりますがその際には事故などの場合を除き、ローンの一括返済が条件となりますので注意しましょう。

また、事故の場合は組んでいるローン会社に廃車手続きを委託する事により廃車と出来ます。このようにローン中の車が廃車となってしまった場合、多大な労力や金銭的な負担を背負ってしまう事になりますが車両保険に入っているのであればほとんどのケースが回避可能です。車両保険に加入中であれば例え全損であった場合でも保険がおりる事になるので、少なくとも金銭的な負担は免れる事が出来ます。保険に加入していないのであれば前記した方法を参考に対処してみて下さい。

一括返済やローンの組み直し、その他条件のクリアが必要になるケースもありますしローン額が無くなる訳でもありません。そしてローン会社やディーラーが所有権を持っている以上、所有権所持者の承認が無ければいつまでも廃車扱いにする事は不可能なので自分が所有者で無い場合は一刻も早く所有権の所有者に連絡する事が大事です。