個別指導塾に向いている中学生か確認しよう

個別指導塾で成績アップを狙いたい中学生であれば、小さな目標を持ってコツコツと勉強して行くことが大切です。中学生の勉強の最終目標は高校受験であることが多いですが、中学1年の時などはまだまだ先なので、なかなかその目標に向かって勉強することが難しいと言えるのではないでしょうか。そこで定期テストで80点を取りたい、英検に挑戦したいなどの目標を設定してスモールステップを積み重ねることが成績アップにつながります。他にも個別指導塾に向いている中学生は、集団の中でなかなか意見が言えない子です。

集団だと意見を言うのが難しく委縮してしまうような子は、わからないことがあってもなかなか聞くことができません。そうなるとわからないままどんどん授業が進んでしまうので、それが苦手意識につながってしまうのです。その点、個別指導塾であれば講師がしっかりと見てくれるので取りこぼすことなく、着実に学力を上げることができます。一方、個別指導塾に向いていない子の特徴は、負けん気が強くライバルがいるとやる気が出る競争心の高い子です。

1人でコツコツ作業するのが苦手だけど、みんなと協力してリーダーシップを発揮するのが好きな子は、集団塾が向いているといえるでしょう。このようなタイプの子は、ライバル視しているような子が近くにいたり、志望校が同じ子のグループに所属することによって、実力を発揮できるといえます。このような子どもの特性を考えて塾選びをすることがポイントになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です