中学生が個別指導塾で伸びるには

中学生が個別指導塾に入ろうとしている理由は様々です。例えば、自分の意思で個別指導塾の門を叩いたかもしれません。一方で、勉強があまりにもできないので母親が心配になり個別指導塾にその中学生を入れたかもしれないです。いずれにしても中学生は、せっかく学習塾に入ったのだから成績を伸ばしたいでしょう。

この時、勘違いをしている人もいるかもしれませんが基本的に学習塾に入ったからといって成績が伸びるわけではなく、成績が伸びない生徒も実は多いです。半数位は成績が伸びないと考えているでしょう。半数と言うのは、1点だけのびた生徒も含めれば半数以上が伸びていることになりますが基本的に成績を伸ばすために学習塾に入った生徒はほぼいません。大抵の場合保護者や本人が希望しているのは、テストの点数で20から30点以上アップすることでしょう。

それを基準に考えると、やはり半分位の生徒は伸びていないことになります。ではどのようにしたら成績をアップさせることができるのでしょうか。これに関しては結局本人の努力以外ありません。先生との相性が良く信頼と思いますがすべての生徒がそのような事はなく、自分なりのやり方を確立させることが重要です。

先生が教えてくれたやり方はあくまでやり方の1つでありそれをそのまま真似しても大抵の場合うまくいきません。これは大人になって成功法則の本を読んで真似してみても、成功できないのと同じになります。つまり、最終的に自分自身のやり方に落とし込むことが成績を伸ばすための秘訣と言えるかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です