ニーズに合わせた指導を受けられる中学生の個別指導塾

高校受験を考えるとき、中学生の子供を塾に通わせたいと考える人も多いでしょう。しかし、塾には2つのタイプがあります。個別指導塾と集団塾です。教室に集まって指導を受ける点は同じですが、集団塾では学校と同じように教室にいる生徒全員に対して同じ授業が行われます。

それに対し個別指導塾は、1人から数人を対象とした授業です。生徒の人数は塾によって異なります。個別指導塾では、少人数が同じ授業を受けるわけではなく生徒によって異なる授業を受けられ、その間ほかの生徒は問題演習に取り組みます。生徒それぞれに必要な学習指導を受けられるので、基礎を理解したい、苦手な科目を克服したいなどオーダーメイドの授業になります。

わからないことをすぐに相談できるのも、個別指導の特徴です。個別指導塾なら中学生が自分のペースで学習でき、理解度や性格などに合う指導が受けられます。しかしそれぞれのカリキュラムで学習しているので、ほかの生徒との切磋琢磨が学習のモチベーションになることはありません。集団塾より費用が高額になる傾向もあります。

中学生が通う個別指導塾の料金は、様々な条件によって異なります。マンツーマンと少人数制では、マンツーマンの方が料金が高いです。定期テストなどのための補習塾なのか、難関校の入学試験対策の進学塾なのかによっても異なります。講師が大学生のアルバイトの場合よりも、プロの専任講師を採用している場合の方が高額です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です