個別指導塾を中学生が選ぶ時のポイントは?

塾は大きく分けると集団授業の塾と個別指導塾があります。どちらもメリットとデメリットがありますし、お子さんの性格やタイプに併せたり、ニーズに合わせて選んでいく事をお勧めします。競争心が強いお子さんの場合は、集団授業の塾の方が向いているケースが多いです。競い合う仲間がいる事でモチベーションが上がりやすくなりますし、コミュニケーションが取れるお子さんであれば先生に後からでもわからないところがしっかり質問できるからです。

逆におっとりしていたり、競争心はそこまでないしわからないところがあってもあまり積極的に聞けないという場合、さらに教科書の問題が分からないという感じであれば個別指導塾の方が良いです。中学生になると小学生の時よりも格段に学習内容が難しくなりますし、そこからいかにわかるようにしていくのかというのは重要な事です。勉強をするつもりはあっても、中学生の予習復習のやり方なども教わりたいという事であれば、個別指導塾なら1から教えてもらうことが出来るので安心です。中学生になったときには、一人で勉強をしたり通信教育でも出来るお子さんもいます。

しかし管理してもらいたいという事であったり、1から教えてもらいたいのであれば個別指導塾を選ぶのがお勧めです。講師の質は重要ですし、例えばベテランがいる所はお勧めですし、学生バイトが多い所ですと指導テクニックが薄いというデメリットがあるので要注意です。まずは体験からスタートです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です