個別指導塾は中学生の苦手克服に役立ちます

個別指導塾で中学生の苦手を本質的に解決することが出来ます。例えば、数学が苦手な場合は、出題されている問題が苦手なだけではありません。解けなかった問題の解き方を教えてもらって解けるようになったとしても、本質的な苦手克服とは言えません。問題が解けなかった理由は、その問題の解法が思いつかなかっただけではなく、そこに至る過程に理解しきれていないポイントがあるからです。

そこを何とかしない限りは少しでも出題形式が変わると、また分からなくなってしまいます。この本質的な解決のために対処するべきポイントは、中学生本人が見つけ出すのは決して簡単ではありません。個別指導塾なら、中学生本人が分からない本質的な解決方法を見つけ出すことが出来ます。先生と生徒のマンツーマンの関係で授業が行われるので、分かっていないポイントは先生によって見つけ出されます。

他の生徒が居る場合なら、決められたカリキュラムを消化するために、同じところで立ち止まることは出来ません。個別指導塾なら問題が解けなかった場合には、どこが分かっていないのかを先生が探すための時間を割くことが出来ます。表面的な解決で分かったような気持ちになってしまうと、本質的な理解はいつまでたっても出来ないままです。理解していないのに分かっていると思い込んでしまうのは、中学生が勉強を進めていく上で大きなリスクです。

このリスクを回避できるのは、中学生が個別指導塾を利用する大きなメリットです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です