中学生のための個別指導塾の特徴や選び方

中学生に向けた学習塾の中には、個別指導塾があります。個別指導塾では生徒1人から3人程度を集めて、個人に向けた指導や授業を行うのが特徴です。生徒の人数は塾によって違いますが、多くても3人までのところがほとんどです。中学生の志望高校によって指導方法を変えたり、生徒の学習能力に応じたカリキュラムを組んだりするのが魅力です。

集団指導と違って個別指導塾では一人ひとりと向き合う時間が長いので、徹底的に中学生に教えられるのもメリットです。授業時間以外は専用の自習室で勉強をすることも可能で、子どもたちが自主的に学習出来る環境も整っています。講師との相性によって良し悪しが左右されることもあるので、塾を選ぶときには必ず見学や無料体験に足を運びましょう。講師と上手くやっていけそうな雰囲気なのか、気軽に何でも質問が出来る状態なのかを確かめます。

またどのような指導に力を入れているのか、どんな教材を使っているのかもチェックします。費用のことを考えることも大事で、授業数によって値段が変わることがあるので注意しましょう。入塾前に見積もりなどをお願いして、おおよその金額を知っておくと安心です。さらに交通費や食事代、補習の費用なども頭に入れて計算するとより正確な見積もりが出せるのでオススメです。

分からないことがあれば積極的にスタッフに質問もして、疑問を残さないようにすることも大切です。後でトラブルに発展しないようにするためにも、問題は解決してから入塾するようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です