個別指導塾が向かない中学生の特徴とは

中学生の子供を個別指導塾に通わせたくても、性格や本人の状況などから向いていない場合があります。向いていない中学生を個別指導塾にいれても学力は期待通りに伸びていきづらいので、集団指導を行う塾か、家庭教師を雇うかのどちらかを選ぶようにしましょう。個別指導塾に向かない中学生としてまず挙げられるのは、競争心が強い性格を持っている人です。このようなタイプの学生は、大勢の人たちがいる場に身を置き、同じ高校合格を目指す生徒と一緒に勉強をしたほうが、モチベーションの高い状態を維持することができ、学力ものびていきやすくなります。

また、学校の通知表が最高に近い人や、テストの点数がどの科目も非常に高い人も、個別指導にはあまり向いていません。成績が優秀な学生は、進学校に多数の生徒を送り込んでいる集団指導塾で、自分と同じかそれ以上に優秀な生徒とともに勉強をした方が、高い学習意欲のもとで勉強に取り組める可能性があります。上記以上に個別指導塾が向いていない中学生は、勉強が苦手な人と成績が極端に悪い人です。このような学生は学習塾より家庭教師の方が向いている可能性があります。

塾に入れたとしても、講師の指導についていけないと余計に勉強が嫌になって、成績がのびていかなくなる可能性があるからです。勉強が苦手な人や成績が悪い人に対しては、生徒本人と保護者がコミュニケーションをとりながら原因をはっきりさせ、自宅で目的をもって意欲的に学習に取り組める環境をつくる必要があります。家庭教師は当たりはずれが激しいですが、優秀な人が来れば良い勉強のための環境をつくることができ、学力アップも狙うことができるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です