中古車を購入するときの指標として、車の年式と走行距離が重視されています。中古車自体のデザインや装備の先進性は年式でわかりますが、走行距離は車の状態を知るためのバロメーターとして確認をします。一般に中古車市場では、1年あたり1万キロを超えている車を過走行と評価して、下取りや買取の査定が下がったり、販売の際はお買い得な価格を付けています。しかし、走行距離によってパーツが劣化したり、交換が必要になるのは、輸入車でも7から8万キロ以上、手入れやメンテナンス性がいいといわれている国産車では10万キロくらいです。

 5万キロを超えていると、あと1、2年で7万キロを超えてパーツ交換が視野に入ってきますが、5万キロ以下なら、走行距離によるパーツの劣化を気にするよりも、日常のメンテナンスがきちんとされていたかのほうが重要です。 走行距離が短い車は、パーツの劣化などは少ないですが、普段から車をあまり運転しないオーナーでは、整備やメンテナンスがおざなりな可能性も否定できません。 あまり走行が少ないと、バッテリーが劣化していたり、走らないから状態がいいとは限らないので、整備やメンテナンスを定期的に行っているか、オイルやバッテリーなどの消耗品の交換サイクルなどは、記録によって確認するのが大切です。 また、10万キロを超えているような車でも、10万キロなどの節目で重要パーツを交換するような、クルマ好きのオーナーの車は、走行距離にかかわらず車の状態が良くてお買い得です。