トラックのラッピングは宣伝効果抜群です。町中を走っている配送のトラックに鮮やかにラッピングされている車をよく見かけるようになりました。昔はデコトラが有名で派手な和風の絵柄が描かれたものが走っていた記憶がありますが、今はあまり見かけなくなりました。逆に増えて来たのが荷台のBOX部分に企業の広告がラッピングされたトラックです。

営業車両であるトラックは、常に配送先・取引先を走り回っています。人目につくことで宣伝効果も期待できる広告媒体と言えるでしょう。大型車両の場合は、広告面として利用できる面積が大きいので様々な活用方法も考えられます。自社企業の宣伝だけでなく、動く看板として貸し出すこともできます。

自社所有の車両を活用すれば最初の初期費用のみでそれ以降の広告費用がかかりません。広告の入れ替えもラッピングを貼り替えるだけで済みますし、一度に複数台の依頼をすることでコストも削減できます。また、車両自体が古くてもラッピングすることで見た目を新車と同様に見せることもできます。フィルムも全面に貼り付けるので傷があっても、色がくすんでいても問題ありません。

取引先へのアピールにもなりますし、新規のお客様の獲得にも繋がるでしょう。取引先の駐車場に止まっているだけでそこの企業に来訪されている他の企業の人へのアピールにもなります。一番期待できるのは、そのトラックを運転しているドライバーの運転マナーの向上です。文字通り会社の名前を背負って走ることになるので、運転するドライバーも会社を代表しているという自覚が生まれます。

他社から見られている意識を持ち、自然と安全意識の向上に繋がり交通事故の低下にも繋がる良い広告媒体と言えるでしょう。