ラッピングトラックの走行による街頭宣伝は固定する看板に比べ多くの人の目に触れるのが特徴です。とにかくたくさんの人に知ってもらいたい、個性的なラッピングでまずは興味を持ってもらいネットなどで詳しく検索してもらいたいなどといった場合にお勧めの宣伝方法です。特にトラックは宣伝できる面積が広いため、大手企業の宣伝だけではなく自治体イベントの宣伝など幅広い分野で用いられています。一般的なラッピング方法は、車体に貼り付けたい図柄を既存のものや、宣伝のために取ってきた写真などを無地のラッピングシートにトラックの車体の側面に合わせた大きさに印刷し、それを車体の側面に貼り付けます。

業者によっては独自のノウハウを持ち、その会社にしかできない施工法を持つところもあるので、様々な業者を比較してみるのも良いでしょう。トラックをラッピングする際の大まかな流れとしては、まず依頼する業者にトラックの状態などを確認してもらい、デザインが決まっているかどうかなどを打ち合わせします。次にそうした状況を全て検案し、見積もりを確認します。その際屋根部分や窓の部分などは別料金であることが多いことに注意しましょう。

見積もりが済んだ後は実際使用するデザインを制作します。あらかじめ決まっている場合には早く済みますが、デザインが決まっていない場合の納期は1週間ほどが目安です。その後、デザインをシートに出力しカッティング、専門のスタッフによるシートの貼り付けを行い、納車に至るという流れです。中古のトラックのことならこちら