レンタカーは旅行先やレジャー、出張の移動手段として人気ですが、荷物の少ない引っ越しなどでレンタカーを借りることもおすすめです。荷物の少ない引っ越しなら、引っ越し業者に依頼するよりもコストを安く抑えることができ、特に単身の引っ越しでの利用者が多いです。引っ越しに使用するレンタカー選びには、いくつかのポイントがあり、自分の引っ越しに合ったトラックを選べば、作業がとてもスムーズに進みます。選び方を間違えてしまうと、新居と今まで住んでいた家を何度も往復することになるので注意が必要です。

大事なのはレンタカーの大きさ選びで、運搬する荷物や引っ越しの状況に合わせて選ぶことがポイントとなります。冷蔵庫やベッドなどの大型家電・家具を運ばない場合は、小型のバンで十分引っ越しができ、20型未満の液晶テレビや布団程度なら十分積み込むことができます。料金が安くバンなら小回りも利くので、楽に素早く作業をこなすことが可能です。一人暮らしの小型家電を運搬する場合は軽トラックが最適で、軽トラックの荷台はバンの荷室よりも高さと広さがあり、楽に荷物の積み下ろしができます。

しかし、雨が降ってしまうと濡れてしまうので、荷物にかぶせる幌をオプションでレンタルできるか確認しておきましょう。荷物が多いワンルームから1K程度の引っ越しなら、大型のワンボックス、1DK以上の新居なら屋根付きの2tトラックが最適です。大型のワンボックスはシートをフルフラットにでき、荷物を安定して運ぶことができます。2tトラックは大型のワンボックスよりも更に大きいですが、普通免許を持っていれば運転可能です。