少しの時間や荷物の移動の時、引っ越し業者に頼むまではいかないけれど、大き目の車を使用したい時もあるでしょう。そんな時はトラックをレンタカーで借りる事をおすすめします。その際の注意点や料金はどの位になるかなどを紹介します。まず、1tのトラックで見ていきます。

こちらの大きさは軽トラックより少し大きい位となり、荷物はあまり載らないので、ちょっとした荷物の移動のみには便利です。ここでの注意点はこのクラスは屋根がない平らなボディなので、天候には気を付ける必要があるでしょう。料金はレンタカー会社によりさまざまですが、平均12時間で6、000~7、000円前後となります。その他に免責保証は1、100円かかります。

次に2tトラックを見ていきましょう。1tトラックより荷物が多く運べるようになりますが、大きさや車種により、中型免許が必要です。料金は屋根ありで12時間12、000~15、000円前後となり、免責保証は2、200円となります。ここで紹介したレンタカーはショートタイプの料金になり、ロングタイプはもう少し価格が高くなります。

はじめて2t車を運転する方には、車両感覚が違ったり、内輪差が大きいなどの違和感を感じるかもしれません。乗る時は事故には十分注意が必要です。料金は2月~4月の引っ越しの時期や、土日などの場合、レンタカーが貸し出し中でない場合もあります。場合によっては引っ越し業者に依頼したほうが料金が安い場合もありますので、比較検討をすることをおすすめいたします。

トラックのレンタカーのことならこちら