日帰りで行くスキーツアー

秋が終わり冬にさしかかる時期になると、全国各地にある旅行代理店の店頭には、さまざまな意匠を凝らしたスキーツアーのポスターが掲示され、パンフレットやチラシの頒布もはじまります。

このようなスキーツアーはパッケージツアーとよばれるものの一種で、ゲレンデまでを往復する電車やバスなどのチケットと、現地にあるホテルや旅館で滞在するためのチケットがすべて込みで販売されているものです。そのため個別にホテルやバスのチケットを購入するよりもはるかに料金は安くなっており、もしも空席があればぜひとも確保しておくべきものといえます。実はこのようなスキーツアーのなかには、格安の料金を謳い文句としている日帰りのプランが混じっていることがあります。

日帰りのプランは宿泊付きのプランに比べるとそれほど多いとはいえませんが、使いようによってはかなりのコストの節約になりますし、参加したときの満足度も高いといえます。日帰りのスキーツアーの特徴ですが、通常は大型バスで朝方に都市部を出発して、そのまま高速道路を使ってほとんどノンストップでゲレンデに向かう日程となっているのが特徴です。

途中のサービスエリアやパーキングエリアで小休憩はあるかもしれませんが、観光地などへの立ち寄りはありませんので、時間を無駄にすることもありません。現地には昼ごろまでには到着できますので、あとは完全に自由行動となり、昼食を食べるなどしてもよいですし、ゲレンデで時間の許す限り思い切り滑ることもできます。そして夕方になると再びバスに集合して、もとの場所まで高速道路で戻るというかたちになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *