ハイキングの行き先は尾瀬に決まり!

尾瀬は日帰りでハイキングに出掛けることができる場所、こんなことを知らない人も多いのではないでしょうか。

日帰りで出掛けるためには早朝に出発が基本、しかし尾瀬の登山口に到着するのがお昼近くでは1日で回るのは難しいものです。お勧めは夜行バスや季節運航を行っている尾瀬夜行列車を使う方法です。いずれも登山口には早朝に到着できるため、帰りのバスを夕方の4時に設定しておけばたっぷりと湿原や尾瀬沼散策ができるわけです。

ハイキングと聞くとお弁当や好きなお菓子、飲み物などをリュックに詰めてスニーカーで出掛けるイメージを持つ人も多いと言えましょう。勿論、こうした装備でも構いませんが自然の中では何が起こるのかは分かりませんので、備え憂いなしのモットーで装備を揃えておくのが安心です。雨具はハイキングには必要不可欠な道具の一つ、しかし雨傘ではなくレインウェアがあると両手が使えるので便利です。

しかも、山道を歩く時などレインウェアなら転んでしまった時、両手が空いていると身体を支えることができます。シーズンになると多くの人々が尾瀬に訪れますし、木道は一方通行などからも傘だと邪魔になります。高山植物の宝庫などからも、ハイキング途中には色々な高山植物を目にすることができます。高山植物は採集しては行けませんが、写真に撮ることはOKです。可能であればマクロレンズやマクロ機能を持つカメラがあると小さな高山植物もクローズアップできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *