尾瀬ハイキングにはコースマップと高山植物図鑑を

尾瀬ハイキングの持ち物の中でもコースマップは、予めハイキングコースを確認しておいても、その都度地図を見ながら散策するのがお勧めです。

特に、分岐点などでは案内板の看板があるので、それを見れば良いのですが、初めての尾瀬の場合には、間違った方向に歩いてしまい、途中で間違っていることに気が付いて戻るなどのケースもゼロではありません。分岐点に差し掛かった時には、コースマップを使って、どちらに行けば良いのかを確認してから歩き始めるのが大切です。

尾瀬は高山植物の宝庫でもあり、夏になると湿原や尾瀬沼周辺などでは色々な草花を目にすることができます。この花の名前はどのようなものになるのか、気になる人も多いのではないでしょうか。ビジターセンターに行くと、尾瀬の中で見ることができる高山植物の情報を入手することもできますが、ハイキング途中で見つけたきれいな花の名前を知りたい時に便利なのが高山植物図鑑です。図鑑と聞くとページ数が多くて、重量があるなどをイメージする人は多いかと思われますが、書店に行くと簡易サイズの図鑑があるので、それを持ってハイキングに出掛ければ良いのです。

ちなみに、草花は見るだけで採取しては行けません。1つだけなら、などのような考えの人が大勢いれば、自然を破壊してしまう恐れがありますし、植物は持ち帰っても高地に咲くものですからすぐに枯れてしまいます。そのため、採取するのではなくカメラで撮影して、写真として持ち帰るのがお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *