尾瀬ハイキングで冷えたビールで乾杯!

尾瀬の道は木道と呼ぶ整備が行き届いた場所を歩くコースが一般的です。

特に、鳩待峠から尾瀬ヶ原湿原のハイキングコースは歩きやすい道などからも、普段履きなれているスニーカーなどのような歩きやすい靴で訪れる人も少なくありません。場所によってはトレッキングシューズなどの方が歩きやすいケースもありますが、日帰りハイキング程度であればスニーカーでも十分楽しむことができます。

尾瀬沼湖畔の散策や湿原の散策など、自然と触れ合うことができる場所でもあり、ランチ時などはお弁当を食べたり、ガスコンロやガソリンコンロを持参して、インスタントラーメンを作ったり、飯盒を使ってご飯を炊いたり、楽しみが広がります。ちなみに、ガスコンロは、カートリッジ式タイプのコンロで、装着すれば直ぐに点火ができますが、ガソリンコンロの場合は空気圧を内部に送り込む仕組みになっているので、ポンピングと呼ぶ作業を行い点火するなどの違いがあります。

ハイキングの時にも、ガソリンコンロやガスコンロを持って出掛ければ、様々な用途で活用ができるのでお勧めです。所で、尾瀬に出掛けると山小屋があり、そこでは色々なものが販売されているので便利だと感じる人も多いのではないでしょうか。

場所によっては自動販売機が設置してある山小屋もありますし、大きな浴槽のような入れ物に水を汲み、そこに飲み物を冷やして販売している所もあるなど様々です。値段は下界と比べると高めではありますが、缶ビールも販売しているため、尾瀬での乾杯も楽しめます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *