北海道でのラフティングはニセコで決まり!

ニセコはスキーやスノーボードでもおなじみのエリア、長万部と小樽の中間に位置する場所で、羊蹄山やアンヌプリ山などのトレッキングにも人気が高いエリアになっています。

羊蹄山やアンヌプリ山はニセコを代表する山で、高山植物の宝庫などからも夏山登山のメッカにもなっています。また、このエリアは最近ラフティングのメッカとしても人気を集めており、北海道のラフティングと言うとニセコが必ず登場すると言っても過言ではありません。ベースと呼ぶショップのお店を集合場所とし、ショップから全員でマイクロバスなどの車両に乗り込んでラフティングポイントまで連れて行って貰えるのが北海道の特徴の一つと言えましょう。

自然の中でのアクティビティースポーツでもあるラフティングはベテランガイドが必ずボートに乗り込むので素敵な場所への案内役を務めてくれますし、厳しい訓練を重ねているなどからも、ツアーに参加した人々の安全性についても確保出来るメリットも持ちます。

北海道に観光に訪れた場合、ニセコでのラフティングは濡れても良い靴、着替えや水着、タオルなどだけを持っていればツアーに参加が出来ますし、ツアーの中には自然フィールドでのバーベキューや水遊びなどが含まれているなど、1日思い切り楽しみたい人にもお勧めです。また、北海道は見どころが多数あるので観光の合間になどで考えている人には半日でスリリングな川下りが可能な半日コースもあるので時間の都合で選ぶことが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *