北海道のラフティングのメッカでもあるニセコとは?

ラフティングには豪快な川下りができる、この川下りは自然を利用したアクティビティーで、自然美の中でスリルを楽しむことができる魅力があります。

人が作り出した造形物の中で行うアクティビティーとは異なり、大自然の中で行うスポーツなどの特徴を持ちます。北海道は、長い冬を終えて5月下旬頃から6月の上旬頃になると水量が安定する地域でもり、シーズンを迎えるタイミングが他のエリアよりも遅めだと言いますが、北海道の中でも人気を集めているのがニセコです。

ニセコはウィンタースポーツでも人気を持つ場所で、羊蹄山やアンヌプリ山周辺でスキーやスノーボードを楽しむ人々が多く訪れる場所です。ニセコへのアクセスは、札幌方面からの場合は、函館本線を利用して約1時間45分です。途中小樽などの有数の観光地を経由するので、ラフティングの後は小樽観光も楽しめる魅力もあるのではないでしょうか。

ニセコのラフティングシーズンは、4月中旬から10月下旬頃までと言われていますが、参加する人の年齢などに応じてベストシーズンは変わります。ニセコのラフティングは尻別川と呼ぶ、日本一の清流とも言われている川で行われ、4月中旬から6月の上旬にかけての時は、雪解け水の量が多いため、中学生などのお子さんが参加できないケースもあります。家族で楽しむ時などは、夏休みがお勧めで、7月頃から水量が安定するので安心してアクティビティーを楽しむことができるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *