ツアーコンダクターについて

旅行会社が主催しているパッケージツアーなどに参加すると、かならずといっていいほど、添乗員、ツアーコンダクターとよばれる人が同行しています。

このツアーコンダクターは、団体ツアーのすべての行程にわたって参加者に同行し、移動の際の案内やホテルのチェックイン、見学先との時間調整などといった、裏方の運営を取り仕切り、参加者のさまざまな世話をするとともに、その満足度を最大限に高めるように努力することを仕事としています。

身分的なことをいえば、会社そのものの職員として勤務している場合と、専門の派遣会社から派遣されている場合の両方があります。

また、大手の会社に所属していれば、本来の同行業務のほうが主体となりますが、小規模な会社の場合には、同行だけではなくて、営業や手配などといった業務をかけもちしていることもありますので、同じ名前でよばれているとはいっても、微妙に仕事の内容や立場が異なることもあります。

このようなツアーコンダクターになるためには、観光庁に登録した機関において実施されることになっている、旅程管理主任者とよばれる資格を取得することになります。

この資格についても、国内だけの業務と、海外を含めた業務のふたつの区分があり、また、資格取得にあたっては、あらかじめ研修を受けるとともに、一定の実務経験がなければならないとされていますので、大学や高校を出れば簡単に取得できるというようなものでもないわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *