様々なホテルで温泉が楽しめます

多くの人の国内旅行の主な目的の一つに、温泉に行くということが挙げられます。

温泉旅行の場合、宿泊する施設としては昔ながらのいわゆる温泉旅館が一般的でしたが、近年ではそうした温泉旅館が名前こそ「旅館」のままだったりしますがどんどん現代的なホテルに「進化」してきています。

例えば食事に洋食やバイキング形式を取り入れて且つ従来に比べて時間に幅を持たせたり、客室を和洋折衷様式にしてベッドを置いて鍵がかかるようにし、個別の洗面所やトイレを付けたりなどです。こうした変化により、子ども時代から現代型の宿泊施設に馴染んだ比較的若い世代の人々にとって敷居が低くなりつつあります。

そしてこの「温泉を楽しむ」ことができる宿泊施設は、温泉地に限られているわけではありません。ビジネスや都市部の観光などで宿泊に利用されている、宿泊特化型ホテル(いわゆるビジネスホテル)の中にも天然温泉を楽しむことが可能なものがあります。

地方の、観光地としての側面も強いある程度以上の大きな都市に暮らしていると、朝などに時々「温泉の湯を運搬するタンク車」を宿泊特化型ホテルの近くで見かけることがあります。

これは、「天然温泉」を使った大浴場を売り物にしている宿泊施設で使用する温泉水を運搬しているのです。つまり、「源泉掛け流しの温泉」ではないですが、いわゆる温泉地ではなくても「本物の温泉水」に入ることができるわけです(なお、中には温泉地でなくても天然温泉が湧き出ているのを利用したホテルもあります)。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *