アメリカのホテルで忘れてはならないチップのマナー

海外旅行した時にホテルに宿泊すると、日本のホテルとは多少勝手が違うのでとまどうこともあります。

一番困るのはチップの習慣です。アメリカに旅行した際、一般的なホテルに宿泊した場合には、フロントでチェックインしたあとにベルボーイと呼ばれるスタッフが荷物を部屋まで運んでくれます。

日本でしたら部屋の前で「ありがとう」と言うだけですが、アメリカではベルボーイにチップを渡します。してもらったサービスに対しては賃金を払う国なのです。この場合は1ドル札を手渡してあげれば良いでしょう。

また、部屋の中でもチップは発生します。それはハウスクリーニングを行なってくれたスタッフへのチップです。毎日外出する前に、ベッドの枕の下にチップをしのばせます。その後、部屋の掃除に来たスタッフが、ベッドを整える時に見つけて受け取るのです。金額はコインの25セント玉を1枚か2枚置けば十分でしょう。

チップを置かない宿泊客もいるようですが、やはりチップを毎日置いた方が断然部屋の片付け方が違ってきます。もし部屋の状態を綺麗にし続けてくれたことに対して感謝の気持ちがあれば、チェックアウトの日、部屋を出る前に少し多めにチップを置いておきしょう。

その際に、Thankyouなど、簡単でも感謝の言葉を紙に書いてチップと一緒に置いておけば完璧です。誰にも感謝されずに働き続けていると思いがちのハウスクリーニングのスタッフに、温かい気持ちなってもらえることが出来るでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *