東京と大阪を深夜移動する夜行バス

東京と大阪は、互いに交通の便が発達しています。

そのため、行き来する交通手段も様々なものから選べます。ビジネスマンや旅行者で多いのは、新幹線や飛行機の利用でしょう。どちらも本数が多いので、好きな時間を選ぶことができます。

しかし、早朝に目的地に着きたいという時は始発が間に合わないので前日に移動する必要があります。前日の移動が難しい人にオススメなのが、夜行バスの利用です。東京と大阪の間なら、夜行バスは前日の深夜に出発します。

目的地には、新幹線や飛行機の始発よりも早い時間に着くことができます。夜中寝ている間に、移動を済ませてしまうので時間を無駄にすることがありません。夜行バスの乗り場は、東京駅や新宿駅など主要なターミナル駅に併設されています。

大阪も同様で、梅田駅や大阪駅付近を中心に都市部に何箇所かあります。とてもアクセスしやすい場所にあるので、乗り降りする時も楽でストレスがありません。乗り場近くで、飲み物やおべんとうを手配することも可能なので夕飯の心配目的地にいらないでしょう。

もちろん、途中の休憩で寄るサービスエリアで購入することもできます。夜行バスは基本的に全席指定で、必ず座ることができます。

満員の時は、チケット売り切れとなるので他の便を探さなくてはいけません。ただし、高速バスの中でも東京と大阪を結ぶ便は特に本数が多いので心配ありません。不安な時は、事前に余裕を持って利用したい便を調べてチケットの購入を済ませておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *