東海地方のスノボの楽しみ方

東海地方はスノボが楽しめるスキー場が集中しています。

特に岐阜県は山が多く、標高が高い場所にスキー場が多く存在しています。そのため、シーズンになると他県からのスキーやスノボを楽しむ人が集まります。奥美濃にあるスキー場は高速道路のインターチェンジからのアクセスも非常に良く、人気がある場所はインターチェンジから道路の混雑が発生するほどです。

東海地方でスノボを楽しむためには奥美濃にあるスキー場からその他の場所へ行くのか、特に決めてから行かなくても途中で他の場所を選択して変えることも可能です。さらに東海地方発のスノボツアーは朝発のバスがあり、日帰りで楽しむことができます。名古屋駅が集合場所になることがほとんどで、駅の周辺に集合して岐阜県にあるスキー場へ向かうというプランが人気となっています。

名古屋駅はアクセスも良く、他県からのスノボ客が集まり、土日などの週末はそれぞれのスキー場へ向かうバスが集中しています。東海地方のスキー場は名古屋から比較的近い場所とさらに奥にある飛騨地方のスキー場とそれぞれ大きく二つに分けることができます。

どちらも雪質が良く、人気のあるサービスや施設が多く、パークやキッズランドなど家族だけでなく個人や友人など様々なスタイルに合わせて行く場所を選ぶことができるのも特徴です。リフト券の割引やコンビニなどでのサービス券だけでなく、他のスキー場と連携してクーポンが利用できるなど非常にお得なサービスも充実しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *