スノーボードで旅行を楽しむ

スノーボードを行うとき以外と高くつくのが旅行で、ツアーを利用することにより、リフト代が混みになっていることで割安に利用出来ることもあります。

宿泊施設にも現在、多様化が生まれ料理や部屋にこだわりを持っているところと価格を破壊して値下げし団体向けに対応しているところと2極化が目立ちます。消費者にとってもニーズは2つに分かれていますのである意味いい問題だと思います。

新潟県や長野県にはゲレンデが多く、利用者も多いので気軽に旅行を楽しめて人気があります。温泉地も付近に多いのでスノーボードだけでなくリラックスや観光、温泉も楽しむのがオススメです日本は今後大きな高齢化社会に転換していき、スノーボードの旅行にはある程度の体力が必要なので旅行者数は業界の中でも縮小するはずです。

近年、IT化の流れはスノーボードにも及んでいて、ネットで完結するツアーが多くなっています。自動音声で対応してくれるサービスも生まれれば、勝手に付加価値を提案しツアー単価も上がるので一部のゲレンデは生き残る可能性が高いと思います。

貧困格差が社会問題になっていますがここでもゲレンデ間でまたゲレンデの中で格差が生まれるはずです。今後は自動車の自動運転等が活性化すれば、AIを利用して自動で雪山に行くなんてことも可能となり、コアな層を獲得すればシニア的な競技人口は増えるかもしれません。

また、仕事をしながら週末に旅行に行くのが疲れが残るという家族層も一定数いますで広がりはあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *